記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】渋野日向子、今季最終戦はV確定!? ここ6戦は「優勝→3位→予選落ち→優勝→7位→予選落ち→優勝?」 (1/2ページ)

 前週の女子ゴルフ「伊藤園レディス」(千葉)で渋野日向子(23)は唇をかんだ。2日目に17番2メートル、18番1メートルのパットを外した。上がり2ホールでスコアを3つ落とし、1打足りずに予選落ち。原因はパットの不調だった。

 「単純にラインが読めてない。自分の打ち出したいところには打ち出せているとは思う。なんせラインが読めてないので“そりゃ入らないよな”っていう感じです」

 パット数は初日33、2日目31…。今季(2020-21年シーズン)の1ラウンド当たりの平均パット数は29・7826。19年シーズンも29・1144でランキング5位。もともとパット力には定評がある。この世界、パッティングは1日でガラッと変わることはよくあることだ。

 15日に23歳の誕生日を迎えた。渋野は新たに気持ちを切り替えたはずである。「(22歳の)締め方としては最悪だったと思いますが、ま、いくらでも変われるし、伸びしろもあるなと感じられる1年間だった。これからももっともっと自分を、変わることを恐れないように前を向きたい」

関連ニュース