記事詳細

元白鵬、親方初日は“白星発進” 人気健在、大盛況の写真撮影 12日目には“天敵”元朝青龍の来場で警備も (1/2ページ)

 =14日、福岡国際センター

 秋場所後に引退した元横綱白鵬の間垣親方(36)が、新米親方として“初日”を迎えた。

 優勝45回の大横綱でも、親方としては“一兵卒”の場内警備からスタートするのが角界のしきたり。十両の取組中は支度部屋前、幕内の取組中は花道を担当し、「すべてが新鮮。いろんな方から『親方』と言われて『誰のことかな?』と。まだ慣れない」と戸惑いの新生活を語った。

 それでも打ち出し後には、人気健在ぶりを見せつける場面があった。本場所では規制退場時、待っている観客を飽きさせないため豪華グッズが当たる「お楽しみ抽選会」を実施している。間垣親方は会場の正面で、当選者20組にプレゼントを渡す係を春日山親方(元関脇勢)と担当。額に汗を浮かべながら、その全員と写真撮影に応じる大サービスを敢行したが、そこに他の観客も押し寄せてスマホを向け始めた。

 協会関係者は最初こそ「立ち止まらないでください」と制したが、全く収拾がつかず「1枚だけ撮ったら、動いてください」と譲歩せざるを得ないほどの大盛況。間垣親方は「巡業ではファンと近い距離で接したり、ファンサービスができたけど、本場所では初めてやったので、すごく気持ちいいものでした」と満足そうに話した。

関連ニュース