記事詳細

球界初、長嶋茂雄氏に文化勲章 感無量「何とも言えない気持ち」 スポーツ界から2人目の選出

 政府は26日、2021年度の文化勲章をスポーツ振興の長嶋茂雄(85)、ノーベル物理学賞に決まった気象学・気候学の真鍋淑郎(90)、歌舞伎の尾上菊五郎(79)、分子生物学の岡崎恒子(88)、短歌の岡野弘彦(97)、文化人類学の川田順造(87)、洋画の絹谷幸二(78)、数学の森重文(70)の各氏と、20日に87歳で死去したバレエの牧阿佐美氏の9人に贈ることを決めた。

 文化功労者には俳優・歌手の加山雄三(84)、漫画の大島弓子(74)、アニメーションの富野由悠季(79)、演劇・文学の唐十郎(81)の4氏ら、同時選出の真鍋氏を含む21人を選んだ。

 長嶋氏は戦後の高度成長期に日本を代表するスーパースターとしてプロ野球巨人で活躍し、球史を彩った。代表監督としても日本を2004年アテネ五輪出場に導くなど野球界の発展に大きく貢献。球界から初の文化勲章に「本当にうれしいこと。何とも言えない気持ちでいっぱい」と感無量の様子だった。

 スポーツ界からの選出は、水泳の故古橋広之進さんに続いて2人目。「いろんなスポーツがありますが、そういう違いがあるからこそチャンスが生まれ、また皆さんが一生懸命やるようになると思う。野球界のみならず、日本のスポーツも全般的に盛り上がっていけばいい」と願った。

 東京五輪では開会式の聖火リレーに参加。脳梗塞を患った影響で右半身にまひが残るが、自分の足で立って聖火をつないだ。「スポーツの祭典が、2度日本でやったということは素晴らしいこと」。85歳になってもスポーツへの思いは熱い。