記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】“復活の兆し”イ・ボミの逆襲を見たい コロナ禍で悔やまれるキム・ハヌルの引退 (2/2ページ)

 成績にも影響した。11年に来日して今年で11年目。15、16年と2年連続賞金女王に輝きツアー通算21勝も、優勝は17年のCATレディースが最後だ。今季25試合で獲得賞金は約1540万円。ランキング82位でシード圏内の50位以内から遠ざかるが、初のシード落ちの危機にもあきらめない姿勢があった。

 「今年で終わりというのは私の頭にないです。まだ家族の前でプレーする姿を見せたい。残っている試合で頑張ります」

 復活の兆しも見えた。前週富士通レディス(千葉)は最終日は荒天中止になったが、初日70、2日目はボギーなしの69。通算5アンダー。14位タイでフィニッシュした。

 「すごくパッティングが良くて上位にいけた。ショットはいい感じではないけど、ショットにそんなに集中しなくても、これくらいできるとわかったことは収穫です」

 心強い言葉です。残り4試合に出場の予定で、今週は所属するホステス大会。優勝賞金3600万円の“ビッグマネー”。「ここを目指してやってきた」と。ボミの逆襲をぜひ、見たい! (産経新聞特別記者・清水満)

関連ニュース