記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】小井土峡太の第2条 ボールは「とらえる」ではなく「強く押す」 右手首の角度を解かず「くの字」型に保ったままで (1/2ページ)

 ホームランバッターのように、右打ちゴルファーなら右手首を甲側に曲げてインパクトする。これで力強くボールを叩け、より遠くへ飛ばせると僕は思っています。

 「強く叩く」時には、手首は曲げたままになるのです。布団叩きがその顕著な例です。干してある布団に対して、布団叩きの先端部分を先に接地させようとはしませんよね。布団叩きの面全体で叩いている。その際、右利きの方なら右手首を甲側に曲げているからこそ、パンパンと大きな音を立てられるほど強く叩けているのです。

 金づちで釘を打つときでも手首を曲げた状態で叩いています。しかし、ゴルフスイングとなるとなぜか手首を曲げたままでインパクトを迎えられない。それはクラブヘッドでボールをとらえよう、という意識が強く働いているからだと思います。

関連ニュース