記事詳細

北京冬季五輪の総監督に原田雅彦氏 団長は伊東秀仁氏が選出

 日本オリンピック委員会(JOC)は7日、東京都内で臨時の評議員会と理事会を開き、来年2月の北京冬季五輪に臨む日本選手団の総監督に、1998年長野五輪スキージャンプ男子団体金メダリストの原田雅彦氏(53)の就任を決めた。選手団のトップとなる団長には、日本スケート連盟フィギュア委員長の伊東秀仁氏(60)が選ばれた。

 両氏はともに北海道出身。原田氏は6月にJOC理事に選任され、全日本スキー連盟では2015年から理事を務めている。伊東氏は14年ソチ、18年平昌両五輪で日本選手団の総監督を経験。JOCの北京五輪対策プロジェクトの座長を任されている。

 JOCは雪上と氷上の競技がそれぞれ力を発揮できる環境を整えるため、スキーとスケートの両団体から総監督と団長を選出したと説明。両氏は関係者に「夏の(東京五輪の)成績をいい意味でのプレッシャーにして頑張りたい」と抱負を示したという。

 原田氏が12月のユニバーシアード冬季大会(ルツェルン=スイス)で日本選手団の団長を務めることも決まった。

関連ニュース