記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】中西直人(2) 左腕+クラブを1本のフェースと考えろ (1/2ページ)

 ゴルフスイングにおいて一番大切なのは何か? そう聞かれたら、プロゴルファーのほぼ全員が、「アドレス」と答えると思います。

 「また、それ?」と思う人もいるでしょうが、それぐらいアドレスは大事なんです。スタートラインが間違っていると、そのあとどんなことをしようと“いいスイング”にはなりません。

 アドレスの考え方としては、「アドレスはインパクトの再現」というように、インパクトというゴールを目指して構えるというのが基本です。

 それぞれの体形によって微妙に変わってきますが、基本は同じです。ポイントとなるのは、「猫背にならない」「お尻から前傾する」、そして最後に「両ヒザをストンと落とす(軽く曲げる)」の3つです。

 それともう一つ重要になるのが、左腕を軽く伸ばすことです。“軽く”と表現したのは、ピンと伸ばす必要はないけど、伸びた状態にしておくということです。

 そして、この左腕とクラブを1本のフェースと考えて構えます。つまり左肩からヘッドまでをフェースと考えてターゲットに合わせるようにします(写真〔1〕)。

関連ニュース