記事詳細

【編集局から】出場登録抹消のタイラー・オースティン選手がひょっこり登場

 阪神は7日が横浜スタジアムでの今季最終戦。試合前練習中にスタンドからカメラを向けると、前日に左ふくらはぎ肉離れで出場登録を抹消されたDeNAのタイラー・オースティン選手がひょっこり現れました。事前に約束していたのか、阪神のメル・ロハス・ジュニア選手を呼び寄せると新しいバットをプレゼントして、しばし談笑。最後はグータッチで別れを惜しみました。

 今年はコロナ禍に加えて球団フロントの不手際も重なり、2月のキャンプに参加できず1軍戦出場は4月に入ってから。それでも出場107試合で28本塁打、74打点は立派です。例年通り十分な調整ができれば、チームがBクラスに沈むこともなかったでしょう。

 調子が上がってきた今夏は、東京五輪で野球米国代表の主砲として活躍。打率4割台の数字を残して銀メダル獲得に貢献し、メジャー関係者からは熱視線を送られていたといいます。来季残留はまだ不透明ですが、「TA」の愛称でファンにも人気者のド派手な打撃を、来年もハマスタで見たいと心から願っています。(運動部・山戸英州)

関連ニュース