記事詳細

阪神・佐藤輝、首脳陣の焦りと対照的な沈着ぶり 得意のDeNA戦で60打席ぶり“ノーヒット地獄”脱出 (1/2ページ)

 暗く長いトンネルをようやく抜け出した。阪神・佐藤輝明内野手(22)が5日のDeNA戦(横浜)で初回に、連続無安打のリーグワースト記録を「59」で止める右前適時打を放った。

 相手先発は左腕の坂本だったが「7番・右翼」で2試合連続先発出場。ハマスタは開幕直後の4月9日には右翼席の「鳩サブレー」の看板上を通過するド派手な場外弾を放つなど、試合前まで打率・304、2本塁打で、対DeNAは打率・312、6本塁打と5球団のうち最も相性がよかった。

 久々に「H」ランプを灯した佐藤は「みんな待ってくれていたと思う。やっと出せてよかった」と一塁上で右手を挙げて声援に応えた。

 8月19日に球団新人最多となる23号本塁打を放ったが、後半戦は予想以上に他球団のマークが厳しくなり、持ち味の積極性が消滅。首脳陣は9月10日に2軍再調整を命じるも最短で再昇格させ復調を待ったが、きっかけをつかめず傷口は広がった。

 同時に評論家諸氏の間では、佐藤輝の扱いをめぐり「スタメンで使え」「いや2軍で再調整させよ」と論争に発展。同時期に主砲のサンズまで調子を落とし得点力不足が顕著になったため、首脳陣にも焦りが生じた。

関連ニュース