記事詳細

目玉や即戦力が少ない“凶作”ドラフト11日開催 将来性の風間か即戦力の隅田か ドラ1候補を鳥原公二氏がズバリ診断 (1/3ページ)

 11日に行われる「プロ野球ドラフト会議 supported byリポビタンD」まで1週間を切った。例年なら「あの選手はどこに入るのか?」「あの球団は誰を指名するのか?」と話題になるところだが、今年は「凶作」と称されるほど目玉や即戦力が少ない。各球団とも指名選手の絞り込みが大詰めを迎えるなか、元ヤクルトチーフスカウトの鳥原公二氏(67)が注目のドラ1候補をズバリ診断する。

 昨年は1位選手が12人そろわない「不作」と例えましたが、今年はそれを通り越して「凶作」と言っていいでしょう。豊作の年なら競合で1位を逃しても、外れ1位で他の選手を指名すればいいのですが、これだけ選手がいない年にくじ引きで当たらないと、2位、3位レベルの選手を1位で指名することになり、大失敗ドラフトになってしまいます。くじ運が悪い球団は競合を避けて、1本釣りをするという考えも出てくるでしょう。他球団の情報も収集しなければいけないので、スカウトは駆け引きをしなければいけません。

 私がスカウトなら指名したいのが、ノースアジア大明桜高(秋田)の右腕・風間球打投手と、西日本工業大(福岡)の左腕・隅田知一郎投手です。

 私とドラフト同期入団のヤクルト・尾花高夫2軍投手コーチ(64)が、昨年まで明桜高の総監督兼投手コーチを務めていて、「いい投手が入ってきたんですよ」と以前、話していたのですが、それが風間でした。

 尾花よりも1センチ低い身長183センチ。体形は似ていますが、投球スタイルはまるで違います。尾花は四隅を突くコントロールが抜群でしたが、風間は最速157キロの速球が武器です。

関連ニュース