記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】矢野東(1) 朝の練習は下半身の動きをチェック (1/2ページ)

 今回は、ラウンド前の練習についてお話をしたいと思います。

 練習のやり方については人それぞれで、プロの間でも、決まったやり方というのはありません。だから、皆さんにも「これが正解」というものを伝えることはできませんが、私自身が強く意識しているのは、スイングの良しあしやショットの感触、球の行方ではなく、足の動きです。

 具体的には、地面の踏み方、踏む力を意識していて、コースでのスイングよりも少し大げさに、テークバックでは右足を踏み、ダウンスイングからインパクトにかけては右足を強く蹴りながら左足をしっかり踏むようにしています(写真〔1〕~〔3〕)。

 このような意識を持ってボールを打っているのは、コースに出たときも下半身リードのスイングをしたいから。下半身さえいつも通りに動かすことができれば自然とスイングも良くなると思っているからです。

 一方、腕やクラブの動きに意識がいってしまうと、どうしても体の動きそのものが悪くなりがちなので、スイングも崩れやすくなります。特にアマチュアゴルファーを見ていると、朝の練習場では、「いい球を打ちたい」「芯に当てて遠くへ飛ばしたい」という気持ちが強いような気がしますが、「当てよう」とすること自体がスイングを崩す原因になるので気をつけてください。実際、「芯に当たる」というのは、いい動きをした結果。しかも、小手先ではなく大きな筋肉を正しく動かしたほうが当たる確率は高くなります。

関連ニュース