記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】シャローイングはやったほうがいいのか

 ダウンスイングでシャフトを寝かせて振り下ろすシャローイング。

 なぜ、このシャローイングが注目されたかというと、「トップから直接ヘッドをボールに当てにいく」という一般ゴルファーにありがちな動きを修正したいという目的に理由があります。

 この当てに行く動きは力むわりにはヘッドが加速しません。そこで、そのクラブの長さに合った効率の良いヘッド軌道を実現するためにシャローイングが提唱されるようになったのです。

 特にクラブの中で最も長く、ボールから離れて構えるドライバーにおいては、当然構えたときのシャフトプレーンは他のクラブとは比較にならないほどフラットになります。にもかかわらず、ほとんどのゴルファーはトップから直線的に振り下ろそうとしてしまうために、アウトサイドインの軌道やアーリーリリースになりがちなのです。これを修正するためにヘッド軌道をよりフラット(シャロー)にするシャローイングのレッスンが行われるようになったのです。

 さらに、ウイークグリップが原因でインパクトでフェースが開いたり、それを返そうとして左手首が甲側に折れたりするなど、多くの一般ゴルファーが持っているミスの修正と、さらなる飛距離獲得のために、シャローイングの動きの中でフェースをシャットに使いながら左手首を手のひら側に折り(掌屈)、ロフトを立ててスイングさせるという難易度の高いシャローイングまで出現してきました。

 しかし、この飛ばしを加えたシャローイングはティーアップしたボールならいざ知らず、さまざまなライからのショットでは芯に当てるのが難しくなるため、かえって一般ゴルファーを惑わす要因となっているようです。 

関連ニュース