記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】ダウンで上腕を体に“パチン”と当てる (1/2ページ)

 これまで何度も言ってきたことですが、「飛ばしたい」「ボールを強く叩きたい」と思うと、多くのゴルファーは手で打ちにいってしまいます。こうなると上体が突っ込む形になり、飛距離が伸びないだけでなく、曲がる原因にもなってしまいます。

 これを防ぐためにも、トップからクラブを振り下ろすときは、右手を外旋させながら(右に回しながら)下ろすことが大事になってきます。動きとしては、口元まで運んでいたコップの水を、腕を下ろしながら体の前でこぼすような感じです。

 それともうひとつ、飛距離アップの動きとしてオススメしたいのは、右腕を下ろす際、最初に上腕を体につけてしまうことです(写真〔1〕~〔3〕)。それもゆっくり、やさしくやるのではなく、“パチン”と音が鳴るくらい、早く、強くやるようにしてください。

 これをやることによって、体の回転が促され、クラブもインサイドから下りてくるようになります。また、体が先に回ってクラブが遅れてくるので、十分な捻転差もでき、その分、ヘッドも加速します。

 ひとつ気をつけなければいけないのは、ここからの打ち急ぎ。アマチュアゴルファーの中には、ここからさらに速く振ろうとして、フィニッシュまで一気に振り切ろうとする人が多いのですが、ここでの打ち急ぎもオススメできません。なぜなら、インパクトからフォロースルーで速く体を回そうとすると、切り返しで作った捻転差が解けやすくなり、しっかりエネルギーが伝わらなくなるからです。

関連ニュース