記事詳細

2得点のリバプール南野、ネット投票で「最優秀選手」に選出 英国ファンから「ミナミノにもっとチャンスを」「質の高いパフォーマンス」の声

 現地時間21日に行われたサッカー、イングランド・リーグカップ3回戦のノリッジ戦で今季公式戦に初出場し、2ゴールを奪ったリバプールFW南野拓実が、同クラブが公式ツイッター上で実施した「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」を決めるユーザー投票でダントツの1位に選ばれた。

 南野は主力を温存して臨んだ敵地でのノリッジ戦に3トップの左で先発。前半4分の左CKをファーサイドのオリギが頭で落とすと、ゴールに背を向けた状態の南野は体を素早く反転させながら右足をダイレクトで合わせ、ゴール左に先制弾を突き刺した。2-0の後半35分には、エリア右でボールを受けるとそのまま縦に切り込み、角度のない位置から相手DFとGKのタイミングを巧みに外して右足シュートを流し込んだ。

 この活躍を現地メディアも高く評価。テレビ解説者は南野の先制点を「ゴールの位置を確認しないでもターゲットの場所が分かっている。これがストライカーの本能だ」と絶賛。2点目も「周りが良く見えている。パワーに頼らず上手に流し込んだ」と賛辞を送った。

 地元紙「リバプール・エコー」(電子版)は南野に8点の高評価(10点満点)を与え、寸評で「1点目を冷静に決め、DFの裏を狙う動きは常に相手の脅威となった。その粘りが報われ、巧みな2点目をもたらした」とプレーぶりをたたえた。

 開幕から1カ月以上も出場機会に恵まれず、今月4日には日本代表合宿から負傷離脱するなど大きく出遅れた日本人ストライカーに、クロップ監督は「タキ(南野)はいい状態にある。誰も彼の心配をする必要はない」などとクラブの公式サイトでコメント。「彼は素晴らしい選手だし、試合を楽しんでいた。それは彼にとってもチームにとっても大事なことだ」などと語っている。

 クラブの公式ツイッターでは、この試合で最も活躍した選手を選ぶネット投票を実施。締め切りまでに約2万3700票が寄せられ、4選手の中から67.4%の票を集めた南野が「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。ファンからは「ミナミノはトッププレーヤーだ」「質の高いパフォーマンスだった」「調子よさそう!」「ほかの選手もよかったが、今日はタキの日だった」などと祝福の声が殺到。試合内容について「相手に脅威を与えるポジションにいたし、今のシステムにフィットしているように見える」「タキは100%の出来だった。相手を吹っ飛ばす強さもあった」などの評価が続々と書き込まれている。

 ゴールシーンへの言及も多く、「とくに2点目は素晴らしいフィニッシュだった」「体の後ろにあったボールをよくコントロールして流し込んだな」「素晴らしい体幹バランスだ」の声が多数。チーム内のレギュラー争いは熾烈だが、「ミナミノにもっとチャンスを与えてほしい。選手としてはもちろん、彼の態度も素晴らしい」とエールを送るファンも多い。(zakzak編集部)

関連ニュース