記事詳細

本田圭佑、諦め切れない…欧州5大リーグでの「現役引退」 リトアニア1部・スドゥバ入団 22年冬の再移籍アピールなるか (1/2ページ)

 サッカー元日本代表MF本田圭佑(35)が14日、欧州バルト3国のひとつ、リトアニア1部リーグで首位を走るスドゥバへの入団を発表した。日本を含めると9カ国目のプレー。まさかの選択だった。

 同国はJリーグと同じ春秋制で、契約期間は今季が終了する年内まで。背番号は3で「そもそも低い番号が好きなんです。日本代表で4番をつけるときも2番と3番を検討していた。今回は3番が空いていたから」などと、自身の動画サイトでチャットからの質問に約30分答えた。

 気になるのは条件面とリトアニアのレベルだ。欧州サッカー連盟の最新国別のランキングでリトアニアリーグは33位。本田が今年6月までプレーしたアゼルバイジャンリーグは30位だった。

 アジアサッカー連盟の国別ランキングでJリーグは1位。J1の平均月収は250万円台だが、リトアニアリーグの平均月収は比較にならない程安いという。

 本田は「年俸は言えないですけど。生活できるだけのお金をいただいているけど、皆さんが思っているより安いかも」と、年内は格安条件で過ごすことになったようだ。

 今後ケイスケ・ホンダはどこにいくのか。欧州5大リーグ(スペイン、イタリア、イングランド、ドイツ、フランス)からのオファーは「ない、出せよ!」と本音が。「Jリーグは1度プレーしたことがある」と、この場でも日本復帰は眼中にないことを明かした。

関連ニュース