記事詳細

暴行問題で放出も…日本ハム・中田翔の受け入れ先はあるか 栗山監督「正直、このチームは難しいかな」 候補はオリックス、西武か

 日本ハム・栗山英樹監督(60)が16日、同僚への暴力行為で出場停止処分を受けた中田翔内野手(32)について言及。今後の再起に向け「正直、このチームは難しいかな」と語り、他球団への移籍も視野に入れていることを明かした。

 「誰が一番悪いのかと言ったら、本当に監督である私自身。ファンの皆さんであったり、野球界であったり、社会であったり、責任はすごく感じているし、本当に申し訳ない。俺が翔と一緒に10年間やってきて、一生懸命いい方向に、いい方向にってやってきたんだけれども、自分の力足らずっていうこと」

 そう謝罪した栗山監督。中田は4日のエキシビションマッチの試合前、ベンチ裏で後輩投手1人に暴行し、11日に球団から1、2軍の全試合の出場停止処分を科された。就任時から信頼してきた愛弟子の背信に指揮官のショックは大きく、処分発表後から発言を控えてきたが、気持ちの整理がついたという。

 今後の中田については「彼の人生にとって野球をやるべきだというふうに思っている」としつつも、「時間はすごくかかる。今すぐ『はい、どうぞ』って、何にもなかったように戻れるという話ではない」と今季中の復帰は厳しいとの考え。

 さらに「なんとなく、いま感じてるのは正直、このチームは難しいかなっていうのはちょっと思ってて」と放出し、他球団で再スタートを切らせる選択肢も示した。「ただ、他のところでお願いしますよって、この状況で手を挙げるってこと、あるのかないのか」。

 これだけの“事故物件”を受け入れる度量がある受け皿は、中田が若手時代に日本ハムで厳しく指導した福良GM-中嶋監督のオリックス、幾多のやんちゃ者を手なずけてきた渡辺GM-辻監督の西武あたりか。巨人・原監督も栗山監督が「お願いします」と直談判できる間柄だが、中田の過去の交友関係を把握する球団親会社から、コンプライアンス上の問題でNGが出るとみられる。

関連ニュース