記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】フォローでシャフトを立てる (1/2ページ)

 インパクトからフォロースルーにおいては、ヘッドを押し当てるように動かしていくことが大事です。具体的には、グリップが先行してヘッドが遅れてくる形でインパクトを迎えたら、そのあと押し込むイメージでクラブを引き上げます(写真(1))。

 問題はこのあとです。クラブを引き上げた形のまま体を回していくことは難しいので、ここからグリップとヘッドの高さを入れ替える動きが必要になってきます。インパクト直後、グリップの下にあったヘッドを右腕と左腕の高さを入れ替えることによってクラブを立てる動きです(同(2))。

 多くのアマチュアゴルファーは、この腕の入れ替えがうまくいかず、体の左側でシャフトを寝かせてしまいがちです(同(3))が、これではフェースが被ってしまいます。同じように、ヘッドを返そうとして、インパクト付近で右手と左手を交差させる動きになってもヘッドが被ってしまってボールを正しく運ぶことができなくなります。

関連ニュース