記事詳細

侍ジャパン初戦、事前プランに固執の“ちぐはぐ継投” 瀬戸際で打線に救われるも…采配に強い疑問

 野球日本代表「侍ジャパン」は28日、福島県営あづま球場で東京五輪1次リーグA組の初戦に臨み、ドミニカ共和国相手に逆転サヨナラ勝ち。稲葉篤紀監督(48)のちぐはぐな継投を、瀬戸際で打線が救った。

 開幕戦の先発を託された山本由伸投手(22)=オリックス=は走者を出しながらも6回まで88球、無失点と役割を全う。だが7回にベンチが2番手で送り出したのは、直前合宿中に「手にボールがなじまない」と五輪公式球への適応に苦慮していた青柳晃洋投手(27)=阪神=だった。不安は的中。3安打1四球で2点を失い、この回を投げきれずKOされた。

 9回に相手の抑えを攻略しサヨナラ勝ちを収めたものの、日本代表で首脳陣の経験がある球界関係者はおかんむり。「相手は山本を嫌がっていたのに、中途半端な球数で降板させてるし、継投ミスは大きいよ。今日負けていたら次のメキシコ戦もダメだった」と采配に強い疑問を呈した。

 建山投手コーチは試合後、「僕のこだわりで負担をかけた」と平謝り。山本は暑さを考慮して交代のメドを6回、あるいは100球と設定しており、初回から青柳をロングリリーフで待機させていたと説明した。登板に向けて気持ちを高めさせることが「難しかった」と釈明したが、そもそも投入の場面が不可解だ。

 右横手投げの青柳の投球は左打席からの方が見やすいが、対峙した打者6人のうち実に5人が左打者(両打ち含む)。事前に用意したプランに固執せず、試合の状況に応じて臨機応変な采配ができなければ、短期決戦は勝ち抜けない。日本球界を代表する豪華なメンバーを生かし切る、ベンチワークが求められる。

関連ニュース