記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】長嶋茂雄さん、5度目の五輪が最高の舞台に 王さん、松井さんと夢の聖火リレー (1/2ページ)

 五輪が始まった。テレビにくぎ付けです。主役である選手たちのパフォーマンスに感動する日々…。視聴率は56・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の開会式では感涙シーンがあった。“国民的スター”長嶋茂雄さんの姿です。

 2004年、アテネ五輪で野球の指揮を執るはずだった。その直前、脳梗塞で倒れた。懸命のリハビリで国立競技場に姿を見せた。球界のレジェンドである王貞治さん、松井秀喜さんと一緒の聖火リレーに涙が出た。

 13年9月、東京開催が決まった直後、長嶋さんにインタビューしたときこう話していた。

 「待ちに待った。今度の東京は、もう楽しみでしようがないです」

 1964年の東京は現役ながらオフシーズン。連日新聞に観戦記を書いた。充電時代の84年ロサンゼルス、88年ソウル、92年バルセロナの3大会は自ら企画をたて、現地に赴き、選手へのインタビューもこなした。

 そして2020東京、5度目の五輪はフィールドにいた。ミスターにとって最高の舞台かもしれない。

関連ニュース