記事詳細

侍ジャパンに有利か不利か ライバル国にNPB新旧助っ人ズラリ 28日初陣のドミニカ戦 (1/3ページ)

 東京五輪に出場する野球日本代表は28日のドミニカ共和国戦(福島)で、悲願の金メダルへの戦いの幕を開ける。絶対に負けられない侍ジャパンに対し、ライバル5カ国はメンバーに日本のNPB12球団や独立リーグの助っ人などがノンプレッシャーで挑んでくる。この温度差のある戦いをいかに勝ち抜くべきか。2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で戦略コーチを務めた、BCリーグ新潟の橋上秀樹監督(55)が解説する。 (塚沢健太郎)

 メジャーリーグは五輪のために日本のように公式戦の休止はせず、米国のメンバーは3Aが中心。他は日本でプレーする選手と、今季所属のないロートル勢の構成となっている。

 ヤクルトで抑えのマクガフ、ソフトバンクの先発右腕マルティネス、DeNAの主砲オースティン、5月にオリックスを退団した右腕ディクソン。さらに通算108勝も2018、19年は野球から離れていた37歳の左腕カズミアー(ジャイアンツ3A)、元ヤンキース抑えで今季は所属先のない36歳ロバートソンといった面々だ。

 これまで米国五輪代表で、日本の球団所属や無所属の選手が選出された例はない。橋上氏は「野球のナショナルチームが日本のように華やかなものではなく、国民の大半が知らないうちに集まっているチームなのかもしれない」と指摘。ソーシア監督の就任も今年4月6日で、17年から務める日本の稲葉監督とは熱量が違う。

関連ニュース