記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】右肩が下がったインパクトだと球を押し込める (2/2ページ)

 インパクトで軸を右に傾けるためには、アドレスのときからその体勢で構える必要があります。とはいえ、ドライバーでは軸を右に傾けることができても、アイアンの場合はダフりそうで怖いという人もいるのではないでしょうか。そのため、アドレスではついついボールを右寄りに置き、軸を左に傾けてしまうという人も多いようです。

 ハッキリ言って、これに関しては、“ダフリとの戦い”になります。ひとつアドバイスをするとしたら、構えたとき、「ダフりそうだな」という見え方をするのが、体勢的にもボール的にもちょうどいい感じだということになります。

 構えたときに右肩が下がっていないと、テークバックで左肩がアゴの下に入りにくいという問題もあります。ぜひ、軸を右に傾けた構え、インパクトを意識してください。

 ■新井淳(あらい・じゅん) JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、「2重振り子スイング」という独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。「Score personal golf lesson」(小田急線小田急相模原駅近く)も主宰しており、スタジオには、全国から悩めるゴルファーが集まってくる。