記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】右肩が下がったインパクトだと球を押し込める (1/2ページ)

 飛距離を伸ばすためにも、強いインパクトを実現したい。多くの人はそう考えていると思いますが、そのためには、軸が右に傾いた体勢でインパクトを迎えることも重要なポイントになります。形としては、右肩が下がっていて、ボールを右側からのぞき込む、いわゆるビハインド・ザ・ボールの姿勢です。

 なぜ、このような形になっていなければいけないのか?

 インパクトで軸が右に傾いて右肩が下がっていると、インパクト~フォロースルーでクラブを引き上げる動きがスムーズになるからです(写真(1)(2))。それに対し、右肩が上がっていると、フォロースルーで弧を描けなくなってしまいます。また、打ち込むようなスイングになるとインパクトでフェースが被ってしまうため、手元をほどく動きを誘発してしまいます。

 このことからもわかるように、ダウンブローというと、軸を左に傾けて上から叩き込むようなイメージを持っているゴルファーが多いようですが、これは間違い。本当は、低いところから引き上げるのが正解で、グリップの最下点から少し上がった付近でインパクトを迎えるというのが理想です。