記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】石井理緒(2)苦手なパッティングはシンプルに打つ (1/2ページ)

 ゴルフにおいてパッティングはとても重要だということは皆さんもご存じだと思いますが、正直言って私自身、パッティングはあまり得意ではありません。だからというわけではないのですが、ラウンド前もラウンド中も、パッティングに関してはあまりいろんなことをやろうとしないで、シンプルな考えのもと、シンプルにストロークすることだけを意識しています。

 例えばラウンド前のパッティング練習では、グリーンの速さを知ることだけに重点を置いています。そのために、ロングパット、ショートパット、上り、下り、スライス、フックと、すべてのパットをまんべんなくやるようにしています。その日の調子というより、とにかく距離感を体に覚え込ませることを大事にしているのです。

 また、ラウンド中は、打ち出す方向に全神経を集中させています。

 グリーンに上がったらラインを読んで、曲がるラインだったらどの方向に打ち出すかを決めて、「そこに打てば必ず入る」と信じてストロークをしています。それ以外のこと、例えば打ち方などは一切考えないようにしています。

 なお、カップまでの距離が長い場合は、ボールからカップまでをいくつかに分けてラインを読むようにしています。そのうえで打ち出す方向を決めています。

 もうひとつ、私のようにパッティングに自信のない人には、苦手なパットのことで頭を悩ますよりも、好きなショットでどんどん攻めていくことをオススメします。

関連ニュース