記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】阪神・佐藤輝よ!三振記録も塗り替えろ 本塁打と表裏一体の付き物 (1/2ページ)

 阪神の怪物ルーキー、佐藤輝明外野手(22)にまつわるもう一つの話題は、ホームランバッターの勲章ともいえる三振だろう。9日現在115三振は両リーグ最多。中日・福留孝介外野手が1999年に記録した新人の最多三振121の更新は時間の問題になってきた。

 「その時はまたいろいろ取り沙汰されるが、佐藤輝はそれがどうしたと平然としているのではないか。彼にすれば三振も凡打のうち。割り切っているからホームランなどで新人離れした成績を残している」と阪神OBは見ている。

 100の大台を超えた三振には1試合5三振のプロ野球タイ記録(19人目)も含まれる。7月4日の広島戦(マツダスタジアム)。この時も落ち込んだ様子は見られなかった。

 「これだけ三振するのはまだ技術が足りないから。努力するしかありませんが、今後も三振逃れの当てにいく打撃だけは避けたい。強く叩く、強く振るスタイルは変えずにやっていきます」

関連ニュース