記事詳細

【今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!】無敵の小川直也も屈した「五輪の魔物」 日本中が天を仰ぎ…悲鳴とため息が (1/2ページ)

 1年延期された2020東京五輪が紆余曲折の末、7月23日に開幕する。ただし、コロナ禍は収まらず、観客数の制限など直前まで何が起こっても不思議ではない。

 「五輪には魔物が棲んでいる」とは、よく言ったものだ。29年前を鮮明に思い出す。現地取材した1992年バルセロナ五輪での「悲劇」…。

 日本のお家芸といえば、当然のごとく柔道だった。1964年の東京五輪で初めて正式種目に採用され、世界に普及するにつれ「日の丸柔道軍団が最強」とまで残念ながら言えなくなってきているが、92年当時はまだまだ「金メダルでなければ、帰ってくるな」という風潮があった。

 中でも男子の重量級は「金でなければメダルにあらず」と、柔道界だけでなく日本国民も無言のプレッシャーをかけていた。選手は大変な重責を、両肩に背負うことになる。

 山下泰裕(84年ロサンゼルス五輪・無差別級優勝)、斎藤仁(84年ロス、88年ソウル五輪・重量級優勝)と、2人の偉大な金メダリストの後を継いだのが、のちにプロレスのリングにも上がった小川直也だった。

 高校から柔道を始めた小川は、持ち前のポテンシャルを生かし、山下、斎藤の引退後、不在だった重量級の絶対エースに躍り出る。全日本選手権では89年から92年まで4連覇、世界選手権でも87年無差別級・金、89年重量級、無差別級・金、91年無差別級・金と、文句ない戦績を残していた。

関連ニュース