記事詳細

松坂が残したスターの“遺産”見たことのない調整法、惜しまぬ助言 中日投手陣が飛躍 (1/2ページ)

 日米通算170勝を挙げ、今季限りで現役を引退することを発表した西武の松坂大輔投手(40)。2015年にメジャーリーグから日本球界に復帰後は、3球団で7年間プレーも、活躍したのは中日時代の1年だけだったが、多くのチームメートに影響を与え、今後は指導者としての期待も高まる。平成の怪物が後輩たちに残したものは何だったのか。 (山戸英州)

 一昨年オフ、14年ぶりに古巣西武に復帰も、最後の花道を飾ることはできなかった。昨年7月5日に頸椎の手術を受けリハビリを続け再起を目指していたが、右手のしびれが解消されず。手術から1年を機に区切りをつけた。

 松坂と親しい球界関係者は「松坂が球団幹部や世話になった方々に引退の連絡を入れたのはここ5日ほどのこと。手術して1年、プロ生活を続けるなら再びメスを入れなければいけない状況で、最近は練習はおろか、ユニホームを着ることさえしんどいほど疲弊していた」と証言。

 メジャーから日本球界に復帰しソフトバンク、中日と渡り歩いたが「当時はまだ、だましだまし投げられた。でも今は違う。自分が動けないことに松坂自身が一番苦しんでいた」とおもんばかった。

 今春の西武キャンプは高知でのB班で汗を流したため、主力と交わることは少なかった。2軍でも若手に気をつかわせてはいけないと考えていたようで、本隊が球場で練習中に、1人でひっそりと室内練習場に入り、別メニューに臨むこともあったという。

 だが、2018年1月に入団テストを受け、6勝を挙げカムバック賞を受賞した中日時代には、しっかりと“遺産”を残していた。

関連ニュース