記事詳細

松井を超えた!エンゼルス・大谷、32号 前日の快投に続く日本人選手最多HRの快挙 (1/3ページ)

 エンゼルスの大谷翔平(27)は7日(日本時間8日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に「2番・DH」で先発し、2004年の松井秀喜(ヤンキース)の日本人最多本塁打記録を抜く32号ソロ本塁打を放った。前夜は投手で4勝目を挙げ、その翌日のデーゲームでの快挙。厳しい内角攻めに遭って自打球を足に当てながらも豪快なアーチをかけた。松井氏も「彼こそが真の長距離打者。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在」と祝福した。

 

 2-2の同点で迎えた第3打席。相手先発左腕ロドリゲスの内角攻めで2度自打球を足に当て、飛び跳ねならがら痛がった後だった。カウント2-2からの7球目。内角のチェンジアップが甘めに入ったところを見逃さなかった。

 中継のテレビは「またやった」と絶叫。飛距離433フィート(132メートル)、打球速度114・5マイル(184キロ)の一発。貴重な勝ち越し弾が右翼席に突き刺さった。ゴジラのシーズン記録を球宴前にクリアした。

 直後に松井氏が称賛のメッセージを寄せた。

 「大谷選手のバッティングを持ってすれば、ただの通過点に過ぎないと思います。大リーグでは私も長距離打者とは呼ばれたことはありましたが、彼こそが真の長距離打者だと感じます。また、大谷選手は素晴らしいピッチャーです。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在です。今後もファンの方々や少年たちの夢を背負い、シーズンを乗り切って欲しいと思います。私も一野球ファンとして、楽しみにしています」

関連ニュース