記事詳細

イングランド2大会ぶり8強へ グリーリッシュ2得点に絡む活躍 サッカー欧州選手権

 サッカー欧州選手権は29日(日本時間30日)、ロンドンで決勝トーナメント1回戦が行われ、イングランドがドイツに2-0で快勝。2大会ぶりの8強入りを果たした。

 コロナ下での開催を忘れさせるような、ホームの大歓声がサッカーの聖地・ウェンブリースタジアムにこだました。1次リーグでは定員9万人の25%に制限されたが、この日から50%まで解禁。スタンドのVIP席では代表OBのデビッド・ベッカムと人気歌手のエド・シーランが隣り合い、その前列にはウィリアム王子一家が陣取った。

 同じ3バックのシステムでがっぷり四つに組み合い、じりじりする展開は交代策で明暗が分かれる。ドイツは後半23分、コートジボワール人の父を持つ背番号「10」の快速FWニャブリを送り込むもボールに絡めず。

 一方のイングランドは後半24分、チームでは希少な創造性を備えるMFジャック・グリーリッシュ(25)を投入。ベッカムも背負った伝統の背番号「7」の技巧が、同30分の先制点を呼び込む。相手ゴール前でタメを作り、左サイドを駆け上がったDFショーにパス。中央への折り返しをFWスターリングが右足で押し込んだ。

 さらに後半41分、ニャブリからボールを奪いカウンター発動。前線の左サイドからグリーリッシュが送った正確なクロスに、エースFWケインが頭で合わせ、待望の今大会初ゴールでとどめを刺した。グリーリッシュの大ファンを公言するウィリアム王子も大満足の勝ちっぷり。

 7月3日(同4日)の準々決勝の相手はウクライナに決まった。この日ウクライナはグラスゴーでスウェーデンを延長の末、2-1で下した。

【PR】UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信! >>詳しくはこちら

関連ニュース