記事詳細

オランダが天敵チェコに完敗、今大会最初の番狂わせ サッカー欧州選手権

 今大会最初の番狂わせだ。世界ランキングでは16位のオランダが27日、ブダペストで行われた決勝トーナメント1回戦で同40位のチェコに0-2で完敗した。

 オランダは1次リーグC組を3戦全勝で1位突破。前評判でも優位とされたが、チェコスロバキア時代を含めて5勝11敗4分、連邦解体後も3勝5敗5分という相性の悪さを払拭できなかった。

 立ち上がりからチェコの運動量に前線の連係を乱され、後半6分に訪れた決定機もFWマーレンがGKとの1対1でシュートにさえ持ち込めず。すると流れが傾き、10分には今後10年の守備の要と嘱望されるイタリア1部名門ユベントス所属のDFデリフトが、相手FWとの競り合いでハンドを犯し痛恨の一発退場。

 数的不利で主導権を握られ、23分にFKからの折り返しをMFホレシュに頭で押し込まれ先制を許すと、35分にとどめの2点目を奪われた。攻めても枠内シュートがゼロの完敗。2大会ぶり8強のチェコは3日にデンマークと対戦する。

【PR】UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信! >>詳しくはこちら

関連ニュース