記事詳細

オランダ競り勝つ ウクライナに3-2 サッカー欧州選手権

 サッカー欧州選手権は13日、アムステルダムで1次リーグが行われ、C組のオランダは競り合いの末、3-2でウクライナを破り、白星発進した。

 オランダは後半7分にMFワイナルドゥムが先制し、同13分にFWヴェフホルストが追加点を挙げてリードしたが、ここからウクライナの反撃を受けた。同30分、FWヤルモレンコにゴール左上へカーブのかかったミドルシュートを決められ、同34分にはセットプレーからFWヤレムチュクのヘディングで同点に追いつかれた。

 しかし、最後はF・デブール監督の攻撃サッカーが上回った。同40分に、DFダンフリースが頭で決勝点をたたきこんだ。

 C組のオーストリアは3-1で北マケドニアを下し、欧州選手権初勝利を挙げた。D組のイングランドはクロアチアを1-0で下した。後半12分にFWスターリングが決勝ゴールを挙げた。

 前日の試合中に一時意識を失って搬送されたデンマークのMFエリクセンは、意識が戻って容体は安定している。

【PR】UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信! >>詳しくはこちら

関連ニュース