記事詳細

失踪の前中日・門倉コーチの妻が独占激白「狐につままれている状態」 シーズン途中で放棄ありえない…天職なのに 何らかの形で連絡を「生きてるから」だけでもいい… (1/3ページ)

 失踪中の前中日2軍投手コーチ、門倉健氏(47)の妻、民江さん(52)が27日、横浜市内で本紙の取材に応じた。門倉氏は無断欠勤した15日から連絡がつかなくなり、球団に郵送されてきた退団届を民江さんが夫の直筆と確認のうえ受理。この日の日本野球機構の公示でコーチ登録を抹消された。捜索願を出した妻は約40分間の激白で、深夜までテレビ電話で話した夫が翌朝に姿を消した背景について、金銭や女性などのトラブルを否定。「理由が分からない。私たちも狐につままれている状態」と心境を語り、「電話1本、『生きてるから放っておいてくれ』だけでも…」と安否を知らせる連絡を切望した。

 --その後、門倉氏から連絡はあったか

 「きのう(26日)報道があった通り、ありません」

 --最後の連絡は

 「前日(14日)夜。いなくなったのは15日の早朝です。毎日、テレビ電話で話していました。25年、単身赴任も多いのでずっとそうです」

 --門倉氏は何かトラブルを抱えていたのか

 「報道を見ているとお金、ギャンブル、女性、いろいろありますが、まあ、そういったものは特にないですね。返せないほどの借金なんて一切ない。住宅ローンだけです。車もローンで買ったことないから。野球界はジェットコースターのような収入。巨人時代まではよかったが、メジャーや韓国に行くとお金もかかる。私たちは水物の商売。問題視していない」

 --コーチのシーズン中の失踪は尋常でない

 「シーズン中に仕事を放棄するなんてありえないこと。主人にとっては天職なのに…。今回こうなって、いろんな方から慕われて、評価が高かったんだなと思いました」

関連ニュース