記事詳細

パドレス・ダルビッシュ、マリナーズ戦に先発 7回7安打1失点、5奪三振 チームは破竹の9連勝、ナ・リーグ西地区首位へ

 パドレスのダルビッシュ有投手(34)は23日(日本時間24日)、本拠地でのマリナーズ戦に先発し、7回7安打1失点、5奪三振で5勝目(1敗)を挙げた。試合は9-2で勝った。チームは破竹の9連勝。メジャー最速の30勝に達し、ナ・リーグ西地区首位を確保した。防御率を1・81から1・75。

 得意ではないデーゲーム。決して本調子ではなかったが序盤を無失点に抑えて、相手先発左腕ジャスティン・ダンと息詰まる投手戦。1点リードの5回2死三塁でダンに真ん中高めのカットボールを右越えに二塁打を打たれ、同点に追いつかれたが、その後は踏ん張った。6回1死一、三塁のピンチも二ゴロ併殺で切り抜けた。

 パドレス打線がダルビッシュの好投に応え、4番のタティースJr.の満塁弾を含む2本塁打6打点で完勝。ダルビッシュは「スライダーとカットボールが生命線だった」と話した。

関連ニュース