記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】大谷の大活躍に複雑な日本ハムナイン リーグ最下位で単純に喜べないお家事情

 メジャーリーグで何とホームランと打点のタイトル争いを演じているエンゼルスの二刀流大谷。誇り高きメジャーリーガーたちも、さすがにその実力に一目置いている。

 そんな中で複雑な思いなのは、大混戦パの最下位にあえぐ日本ハムナインだろう。

 OBが一流メジャーリーガーたちから認知され、絶賛されているのは、素直に誇りに思える。同時にペナントレースの最下位に沈んでいる我が身を思えば、単純に喜んではいられないのは人情だ。

 球団は莫大な譲渡金をもらい、ポスティングでのメジャー行きを認めて送り出した。大谷がいれば、最下位という最大の屈辱を味わわされることはあり得ない。それどころか、ペナントレース争いに参戦しているだろう。

 チームの不成績のツケは日本ハムナインに回ってくる。オフの契約更改では、フロント首脳は最下位の責任をナインに押し付け、自分たちは素知らぬ顔なのは、今から目に見えている。

 日本ハムナインとすれば、素直に「メジャーリーグで、しかも本塁打王と打点王争いの二刀流はすごい」と、大谷賛歌をしたいところだが、そうはいかないお家の事情とでもいうべきだろうか。

 日本ハムOBの中からは「選手がかわいそう。本当に球団経営が苦しいのなら、身売りすればいいんだよ」と、怒りの声も聞かれる。メジャーリーグでの大谷賛歌の片隅では、こんなエレジーもあるのだ。(江尻良文)

関連ニュース