記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】レイズ解雇の筒香が見せた日本人メジャーリーガーの限界と今後

 レイズを解雇された筒香嘉智(29)がドジャース入りして、日本球界復帰を期待していた低迷DeNAファンは肩透かしの格好。ただ、大谷、ダルビッシュ有以外の日本人メジャーリーガーの実力的限界は否定できない現実だろう。

 筒香に関しては日本球界ご意見番・張本勲氏が、事あるごとにこう評している。

 「あのバッティングではメジャーリーグでは打てない。日本へ帰ってきたら、オレが復活させてやるのに」と。日本球界復帰熱烈ラブコールだ。

 大谷とダルビッシュに限っては技術だけでなく、体力でメジャーの選手を上回る期待を持って見られるが、それ以外は厚い壁にぶち当たり、限界を暴露している。同時に、メジャーリーグへ行くのがブランドみたいな現状の日本プロ野球界の危機は深刻そのものだ。

 「メジャーなんかダメジャー」と、張本氏などは地団駄を踏んでいる。

 元凶は、海外FA資格取得前に球団側が公認するポスティングシステムだ。オリックスからマリナーズへ移籍したイチローが第1号。その後、「どうせ海外FAで出ていかれるのなら、その前に球団にも移籍金が入るポスティングで」と、他球団も追随。当初から危惧された通りとなり、海外FA前に日本プロ野球界からのスター選手流出に歯止めがかからなくなっている。

 大谷のようにメジャーを驚かせる選手が登場した裏で、中途半端な日本人メジャーリーガーが大量生産されることになり、日米球界共に困惑しているのだ。(江尻良文)

関連ニュース