記事詳細

「侍ジャパン」瓦解の危機 五輪開催へ三木谷氏、孫氏が相次ぎ懸念表明 有力候補の相次ぐ故障で楽天、ソフトバンクの選手は命綱だが…ボイコットに戦々恐々 (1/3ページ)

 新型コロナウイルス禍での東京五輪開催に中止論が渦巻くなか、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(63)と楽天グループの三木谷浩史会長兼社長(56)が相次いで米メディアのインタビューに応じ、懸念や反対を表明。三木谷氏は「自殺行為」という強烈な表現で今夏の開催を批判した。日本野球機構(NPB)の球団オーナーでもある両氏が五輪に否定的な立場を表明したことで、野球日本代表「侍ジャパン」は瓦解の危機を迎えている。

 「日本にとって自殺行為。世界中から参加者が来る大規模国際イベントを開催するのは危険だ」

 三木谷氏が14日に米テレビ局のCNNに対して展開した、五輪への反対表明は国内外で大きな反響を呼んだ。同氏は日本政府に五輪の中止を訴えかけてきたことを明かしたうえ、政府のコロナ対応は「10点中2点」と酷評。「現時点ではあらゆることが可能」として、五輪の中止を選択すべきだと主張した。

 先立って孫氏も米ニュース専門局CNBCの取材に応じ、「重大で厳しい状況。アスリートの派遣をどのようにサポートできるのかは分からない」と懸念を表明。コロナ変異株が猛威を振るう国内外の状況を踏まえ、今夏の開催を「恐れている」と述べた。

関連ニュース