記事詳細

ヘタフェ・久保、今季初ゴール 1部残留決める貴重な一撃 サッカー・スペイン1部リーグ

 サッカーのスペイン1部リーグ第37節が16日(日本時間17日)に行われ、ヘタフェのMF久保建英(19)はホームで行われたレバンテ戦で1-1の後半30分に途中出場。得意の左足で今季初ゴールとなる決勝弾を決め、2-1で勝った。最終節を残して降格圏18位エルチェとの勝ち点差を4とし、1部残留を決める貴重な一撃となった。

 5試合連続のベンチスタートとなった久保。起死回生の決勝弾は後半39分、相手GKの中途半端なパスミスをカットし、ドリブルで前進しながらペナルティーエリア手前へ。得意の左足を振りぬく強烈なミドルシュートをゴールに突き刺した。

 久保は珍しく感情をあらわにした。イエローカードを受ける行為を承知でユニホームを脱ぎ、それを頭上にかかげて喜んだ。警告をうけた瞬間、主審にも笑顔で自ら握手を求める余裕もみせていた。

 出場機会に恵まれていなかった久保。「今季本当に苦しんだ。だから今日はとてもうれしい」。土壇場での大仕事となった。

 

関連ニュース