記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】祝!契約延長、神戸・イニエスタ 誰もマネできない!!スゴさ改めて語ります

 サッカーJ1神戸MFアンドレス・イニエスタ(37)の2年契約の延長が決まりましたね。JリーガーOBとしても感謝の気持ちでいっぱいです。最も恩恵を受けるのはJリーグでしょう。

 1993年のスタート時もそうでした。ジーコ、リトバルスキら世界トップクラスの選手が来てくれたおかげで、「日本でプレーしたい」という手が続々と挙がりました。ストイコビッチもその1人です。給料の遅配もなく、世界一安全といっていいJリーグのネームバリューを、彼ら助っ人たちが高めてくれたのです。

 ここで改めてイニエスタのすごさを書かせてください。それは(1)技術の高さ(2)プレー中のアイデアのすばらしさ、そして(3)相手の嫌がるプレーの徹底-。この3つをいとも簡単に、常に確実にこなすのは世界のトップ級でも彼だけです。要するに、誰もまねができないプレーをする選手です。

 37歳となり、年齢の問題は確かにあるとは思います。昨年12月、中東カタールで行われたアジアチャンピオンズリーグで右太ももを負傷。全治4カ月と診断されました。太ももの前面にある腱が切れてしまい縫合手術を受けたそうですが、そんな状態で準々決勝(対水原三星)では足を引きずりながらPKを蹴りました。チームの信頼感がより厚くなったはずです。

 今後もけがには苦労するかと思いますが、あのバルセロナで2002年から17年間もレギュラーを張り続け、スペイン代表の主力としても超過密日程をこなしてきた鉄人です。彼のインスタグラムをぜひ、のぞいてみてください。奥さんと笑いながら行う体幹トレーニングはすごい。普通の37歳じゃ、かなりつらいメニューですから。(元J1横浜監督・水沼貴史)

関連ニュース