記事詳細

パドレス・ダルビッシュ、意地の粘投 コロナ禍で5選手離脱の緊急事態も4回1失点、打線の援護なく4勝目はならず (2/2ページ)

 打線の援護がなく、0-1とリードされた5回の攻撃で、2死一、二塁でダルビッシュに打順が回ったことから、代打ノーラを送られて無念の交代。ただ、ノーラの死球で2死満塁となった後、1番グリッシャムが意表を突く絶妙のバント安打を決めて試合を振り出しに戻した。

 さらに1-1で迎えた6回2死満塁で、ダルビッシュの専属女房役のカラティーニ捕手が決勝の3号満塁本塁打を放って5-3で逆転勝ち。3連勝で今季成績を21勝16敗とし、首位ジャイアンツを僅差で追撃している。

 ダルビッシュは「首脳陣と僕の考えがちょっと違った。もっといくつもりだったけど(代打を送られて)あそこで交代となった。試合に勝ったので良かった」。緊急事態が積み重なる中で見せたエースの意地だった。球数は76球。防御率は2・08となった。

関連ニュース