記事詳細

池江璃花子に五輪への反対、代表辞退の冷酷な要求 「選手個人に当てるのはとても苦しいです」ツイッターで明かす

 白血病による長期療養を経て東京五輪代表入りを決めた競泳女子の池江璃花子選手(20)、ルネサンス=が7日、会員制交流サイト(SNS)を通じて、代表の辞退や五輪への反対を求めるメッセージが寄せられていることをツイッターで明かした。まったくの筋違いであり、五輪中止論者による卑劣・冷酷な要求というしかない。

 「この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持ってます。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」

 池江選手はこう心境をつづっていた。

 新型コロナウイルス禍で大会中止を求める声が多いことには、池江選手は「仕方なく、当然の事」としたうえで、「持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています。私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」と指摘した。

 五輪については、「私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています」と記した。(共同)