記事詳細

初のコロナ下シーズン感染対策評価は…プロ野球ファン満足度ランキング 楽天トップ、阪神最下位 “密告システム”で観戦マナー徹底も (1/3ページ)

 慶大理工学部・鈴木秀男教授が恒例「プロ野球のサービスに関する満足度調査」を発表。前例のないコロナ下での開催となった昨季は感染リスクやさまざまな制限があるなか、球場に足を運んだ各球団ファンの満足度が明らかになった。世情を反映して初めて実施された質問のうち、ホーム球場の「新型コロナウイルス感染防止対策」で最も高い評価を得たのは楽天、逆に最低は阪神という結果になった。

 

 調査は今年1月下旬、2020年シーズンに1回以上応援するチームのホーム球場で観戦した、各球団のファン100人余を対象にインターネットで実施。チーム成績、選手、球場、ファンサービスなどの質問項目の総合評価により、4年連続日本一のソフトバンクがファンの満足度でも2年連続でトップに立った。

 ほかにも目立った順位変動はなかったが、11位の中日は満足度を10ポイント近く上げて6年連続最下位から脱出。代わって最下位となったオリックスも僅差で、鈴木教授は「応援で大声が出せないなど制限が増えたにも関わらず、予想通り全体的に評価は上がった。コロナ禍でも野球を見せてもらえるだけでありがたいというのが、ファンの本音ではないか」と分析する。

 今回から新設された質問項目のひとつが、球団公式ユーチューブへの評価だ。コロナ下の昨季、旅行の自粛や無観客試合の影響からなかなか球場に行けないファンの関心を維持するうえで、球団自ら製作した映像コンテンツが重要な役割を果たした。ファンの評価が最も高かったのは巨人。日本テレビ系の映像制作会社から出向した専門スタッフがチームに密着するなど、力を入れた成果が出た。タレント経験が豊富な元木、宮本両コーチの貢献も大きかった。

関連ニュース