記事詳細

【ロバート・ホワイティング サクラと星条旗】今季のパドレスはケタ違い! ダルと最強チームメイトたち、パワーランク19位→2位に浮上 4・1いよいよメジャー開幕 (5/5ページ)

 双方が歩み寄る余地は非常に小さく、ストライキ、あるいはロックアウトの可能性を示唆している。今後3年間で162試合のシーズンは今年だけということにもなりかねない事態だ。

 3月26日に開幕する日本のプロ野球の最も大きな話題のひとつは言うまでもなく楽天に戻った田中将大のピッチングだろう。再び24勝0敗を記録するのか? それとも12勝12敗で終わるのか?

 菅野智之は今季、巨人でいい成績を残し、再びメジャーの注目を浴びるだろうか?

 ホークスからヤクルトに移った内川聖一は本人の記者会見での言葉通り、もう一花咲かせることができるか?

 桑田(真澄)さんは巨人にポジティブな影響を与えることができるだろうか?

 話題は尽きない。

 ■Robert Whiting 作家。米ニュージャージー州生まれ。『和をもって日本と成す』(1990年)で日本のプロ野球の助っ人外国人を描き、独特の日米文化比較論を展開した。この逆バージョンともいえる本コラム「サクラと星条旗」は2007年から好評連載中。