記事詳細

エンゼルス・大谷翔平 技あり4戦連続安打

 エンゼルスの大谷翔平(26)は8日(日本時間9日)、アリゾナ州フェニックスで行われたブルワーズとのオープン戦に「3番・指名打者」で先発出場。4回に左前打を放ち、4試合連続安打と絶好調だ。3打数1安打、1得点、打率は・500。試合は9-10で敗れた(7回制)。

 4回先頭で、相手は2番手の左腕スーター。1ボール2ストライクと追い込まれたあとの4球目。内角球をうまく左前に運んだ。中継のFOXテレビも「インクレディブル・タレント(信じられない才能)」と評した技ありの一打。左投手を苦にしないことを改めて証明した。5番アプトンのバックスクリーン越え本塁打で生還した。

 第1打席は二ゴロ、第3打席は空振り三振だった。

 二刀流の調整は順調。投手としての次回登板は13日(同14日)になったと、マドン監督が公表した。ホワイトソックスとのオープン戦か練習試合で3~4イニングを投げる見込み。