記事詳細

なぜヤクルト選手は大物芸能人を射止められるのか? “神7”元AKB板野と結婚した高橋 巨人はハードル高く…遠距離回避できる東京のチーム (3/4ページ)

 看板選手でもないのに人気アイドル、女優、アナウンサーらとの交際が発覚した例も多い。2017年1月には当時通算6勝の杉浦稔大投手(現日本ハム)が、元モーニング娘。でテレビ東京のアナウンサーだった紺野あさ美と結婚。世間をあっと言わせた。その杉浦も高橋同様、マジメで実直なタイプだ。

 板野も球界とは無縁そうに見えて、実は17年に野球バラエティー番組のアシスタントとして、中日の北谷キャンプ、ソフトバンクの宮崎キャンプ、ドジャースのアリゾナキャンプを取材。高橋ともどこかで、意外な接点があったのかもしれない。

 もしも元ヤクルト監督で昨年2月に亡くなった野村克也さんが健在だったら、今回のサプライズ婚にどんな感想をもらしただろうか。

 板野とは接点がある。11年12月の「AKB48紅白対抗歌合戦」で神田うのらと審査員を務め、「この中で野球選手と付き合っている人はいる?」と仰天発言。当時75歳のノムさんがAKBグループの恋愛禁止ルールなど知る由もなく、場内は爆笑に包まれたが、板野ら当時のメンバーへ「野球選手と結婚せん方がいいというアドバイスをしようと思った」と金言を送っていたのだ。

 さらにノムさんは、球場に取材に訪れる女子アナにも「引退後も野球に携われるのは、一握りしかいない。指導者や解説者として残れる器の相手ならいいが、いい時期は短いから、安定した収入のある仕事をしている人と結婚した方がいい」と持論を説いていた。

関連ニュース