記事詳細

【今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!】とにかく気さくで心も体も大きかった横綱レスラー輪島さん 日本デビュー戦、記者ではなく兄貴を見守るような気持ちになっていた自分に驚いた (1/2ページ)

 大相撲、プロレスで大活躍した「横綱レスラー」輪島大士さんの三回忌(10月8日)も過ぎ、地元では24日、ラジオなどで追悼特別番組「黄金の左 永遠に」が放送された。

 幼なじみの中西廣さんが「小さい頃から『俺は横綱になる』とよく言っていた」と秘話を明かし、輪島さんとアントニオ・猪木さんが対談したイベントの音源を公開。2人でジャイアント・馬場さんについて語り合った様子など、興味深い内容だった。

 番組の収録に、記者も東京から電話で加わり、輪島さんとのエピソードを語らせてもらったが、時間が足りなかった。

 輪島さんと初めて会ったのは、レスラーデビューに向けて特訓中だった1986年の夏だった。米ニューオーリンズの空港で、馬場さん夫妻と到着したところを出迎えた。大相撲でのスキャンダル、わがままな逸話…。どんなに面倒くさい人だろう、とマイナスイメージをふくらませていたのだが、すべては杞憂だった。

 子供心を忘れない豪放磊落で、心も体も大きな人だった。あっという間に「輪島ファン」になってしまった。

関連ニュース