記事詳細

巨人・小林「3番手」の現実… 遠い菅野との同級生コンビ再結成、トレードで他球団で活躍ともいかず (2/2ページ)

 同い年のエースが歴史を作った試合もコンビ再結成ならず。リリーフが登板した試合終盤に起用されたのも炭谷で、小林の出番はイニング間の投球練習やキャッチボールの相手だけだった。

 今年中のFA権取得が視野に入っていた小林は、昨オフの契約更改で全権を握る指揮官の強い意向で3年契約のオファーを受諾しているため、トレードされる可能性は低い。現状を打破するには、少ないチャンスをモノにし、実力で指揮官の目を変えるしかない。 (片岡将)

関連ニュース