記事詳細

オリックス・西村監督、53試合でクビ 中嶋2軍監督が監督代行に

 オリックスは20日、西村徳文監督(60)が辞任すると発表した。プレスリリースに「監督に辞任を要請し承諾されました」とある通り、要は成績不振によるクビだ。

 就任1年目の昨季は最下位。今季も16勝33敗4分と3分の1も勝てず、首位に12ゲーム差の最下位を独走していた。

 監督代行として指揮を執る中嶋聡2軍監督(51)は球団を通じ、「2軍監督の立場からこのチームを見ていて、選手が持つポテンシャルと可能性については大いに期待を抱いていました。このままで終わるチームではありません」などと抱負を語った。

関連ニュース