スポーツ注目ニュース

野球の神様がくれた“奇跡の記録”

 4月23日のドジャース-パドレス戦で2本の本塁打を放ったパドレスの若武者、フェルナンド・タティス・ジュニア(22)の試合後のコメント。彼の父(46)はカージナルス時代の1999年4月23日、ドジャースタジアムでのドジャース戦の3回に朴賛浩から1イニングで2本の満塁本塁打を放った男として球史に残っているが、その22年後、その息子が父と同じ日に同じ球場、同じチーム相手に2本のアーチをかけたのだ。