記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】小粒ぞろいの立憲民主党代表選 争点は共産党との選挙協力とスキャンダル追及路線の是非だ (1/2ページ)

 立憲民主党の代表選が19日に告示され、30日に投開票される。党勢回復にはどのようなリーダーが必要とされるのか。

 先の衆院選での議席減を受け、枝野幸男前代表が引責辞任したことによる代表選だ。そこで、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4氏が立候補した。

 枝野氏は党の創始者だったのでそれなりに存在感があったが、今回の候補者は小粒感も否めない。現状では国民に圧倒的な人気があるわけではなく、閣僚経験もなくあまり知られていないので、選挙の顔という観点からは力不足かもしれない。

 先般の衆院選は岸田文雄政権があまりにグダグダだったので、立憲民主党には勝機も十分にあった。それを逃したのは、共産党との選挙協力だった。衆院選に先立つ参院補選で、共産党との選挙協力が一定の成果を上げたようにみえた。しかし、全国レベルの衆院選では、一部の選挙区で成功したが、支持団体の連合が不快感を示すなど、デメリットがメリットを上回った。

 今回の代表選でも大きな争点となるはずだが、4氏ともに共産党との今後の協力関係について明確なスタンスを示しているようにはみえない。それでいいのだろうか。

 共産党は、トップを一般党員の直接選挙で選出する仕組みではなく、志位和夫委員長に責任問題は浮上しなかった。ということは、選挙協力路線は継続だろう。それに巻き込まれて立憲民主党側も今の関係を継続させる可能性もある。

関連ニュース