記事詳細

立憲民主党の代表選が告示 泉氏、逢坂氏、小川氏、西村氏の4候補が論戦へ 30日投開票

 立憲民主党の代表選が19日告示され、30日の投開票に向け選挙戦が始まる。泉健太政調会長(47)、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4人が立候補を届け出る。枝野幸男前代表が主導した「共産党との共闘」のあり方や、党勢回復に向けた具体的な方策が焦点だ。30日の臨時党大会で新代表を選出する。

 旧国民民主党出身の泉氏は、自身のグループと小沢一郎衆院議員のグループが支持基盤。

 逢坂氏は、リベラル系の党内最大グループ「サンクチュアリ」から擁立された。

 西村氏は、菅直人元首相グループが担ぐ。

 小川氏は、出馬を目指した大串博志役員室長との一本化で推薦人を確保した。

関連ニュース