記事詳細

立民代表選19日告示 泉氏、逢坂氏、西村氏が立候補か

 立憲民主党の枝野幸男氏の後任を決める代表選は19日に告示され、30日に投開票される。西村智奈美元厚労副大臣(54)は17日、国会内で記者会見し、立候補することを決意したと表明した。ただ、出馬に必要な推薦人20人は集まっていない。立候補表明は泉健太政調会長(47)、逢坂誠二元首相補佐官(62)に続き3人目。

 代表選は、先の衆院選で問われた「共産党との共闘」の是非や、来年の参院選に向けた党の立て直し策が争点となる見通し。

 西村氏は会見で、出馬を目指す理由として「女性候補が出ないといけない」と訴えた。憲法改正をめぐっては「議論は否定しないが、緊急性は感じていない」と述べた。

 旧立民系の西村氏は衆院新潟1区選出で、当選6回。菅直人元首相が率いるリベラル系グループに所属している。

 党は立候補予定者への事前説明会を党本部で開き、泉、逢坂、西村各氏と、小川淳也元総務政務官(50)、大串博志役員室長(56)をそれぞれ支援する議員が出席した。

関連ニュース